消費者保護法研修

研修の概要

この研修では、いわゆる消費者保護関連法と呼ばれる法律を学習します。 具体的には、まず消費者基本法の学習で消費者保護の基本理念を押さえたうえで、消費者契約法がどのような場合に契約の取消を認めているのか、あるいはどのような条項を無効としているのかについて学習します。さらには、割賦販売法、特定商取引法などの法律により、特定の販売方法にどのような規制がなされているのかを概観します。講座の流れに沿って、ケーススタディを行います。

研修の効果

  • 消費者を保護するための法律についての知識が習得できます。
  • 販売・商取引における規制事項に配慮して業務を行うことが可能になります。
  • ケーススタディを行うことで、身近な問題に置き換えて考えることが可能になります。

対象者

一般社員・管理職社員

所要時間

4時間30分(一般的な研修時間の目安となります。)

研修の必要性

現代社会では、消費者を無視した事業経営は成り立ちません。軽い気持ちで行ってしまった法律違反がもとで、一気に消費者の信頼を失ってしまうことも稀ではありません。ひとたび消費者の信頼を失えば、どんなに良い商品・サービスを提供する企業であっても、その信頼を回復するのは困難です。

そのため現在は、消費者に対するコンプライアンスとして、消費者保護関連法の理解は必須のものといえます。

カリキュラム

カリキュラム 時間
Ⅰ消費者基本法と消費者契約法
  • 1.消費者基本法
  • 2.消費者契約法の概要
  • 3.取消対象となる行為
  • 4.消費者契約法による契約条項の無効
Ⅱ割賦販売法
  • 1.割賦販売法について
  • 2.割賦販売法に対する規制
  • 3.その他の問題
Ⅲ特定商取引法
  • 1.特定商取引法の概要
  • 2.訪問販売
  • 3.通信販売
  • 4.電話勧誘販売
  • 5.継続的なサービス提供に関する規制
  • 6.内職・モニター商法に関する規制
  • 7.その他の規制 確認テスト
4時間
確認テスト 20〜30分程度

PAGE TOP