コンプライアンスリーダー研修

研修の概要

本研修では、複雑化・スピード化する企業活動の中で、コンプライアンスリーダーが倫理経営を実践していく中核となっていくために必要となる以下のようなリーダーシップ、リスクマネジメント、コミュニケーション等のスキルを総合的に身に付けていただくことを目的としています。

  • ●コンプライアンスリーダーの役割と心構え
  • ●コンプライアンスリスクへの対応
  • ●現場におけるリスク処理の手順
  • ●組織コミュニケーションとリーダーの役割
  • ●組織コミュニケーションの技術を学ぶ
  • ※(オプション)ケースで学ぶ重要法令とポイントをご用意することができます。

研修の効果

  • 現場の管理者が不祥事の回避のためにどのような役割を果たすべきか、その心構えを身につけることができます。
  • コンプライアンス違反リスクの把握と処理の手順を学ぶことができます。
  • 不正を「しない」風土作りに有効となるリーダーのコミュニケーションスキルが身に付きます。

対象者

企業のコンプライアンス責任者(リーダー)員

所要時間

7時間30分(一般的な研修時間の目安となります。)

研修の必要性

各部門に配置されるコンプライアンスリーダーには、業務に関連する法令知識や社内ルールを正確に理解するだけでなく、それら知識を現場の業務プロセスに結び付け、潜在するリスクを把握し、適切な対策を講じていく実践力・応用力が求められます。また、経営と現場をつなぐ接点として、企業倫理の重要性を現場に説明し、メンバーとの円滑なコミュニケーションを図り、不正を生み出さない「風土」作りにおいても主体的な役割が期待されています。

カリキュラム

カリキュラム 時間
1.コンプライアンス経営とリーダーの役割 
  • 1.オリエンテーション
  • 2.コンプライアンスリーダーの役割と心構え
1時間
2.現場におけるコンプライアンスリスクへの対応
  • 1.コンプライアンスリスクへの対応
  • 2.現場におけるリスク処理の手順
  • 【事例研究/ディスカッション】
3時間
3.組織コミュニケーション体制の構築
  • 1.組織コミュニケーションとリーダーの役割
    〜コミュニケーションが強い組織をつくる
  • 2.組織コミュニケーションの技術を学ぶ
    〜傾聴・伝達のスキル
  • 【ロールプレイ/ディスカッション】

4.まとめ・質疑応答

3時間
確認テスト 20〜30分程度

PAGE TOP