下請法研修

研修の概要

下請法の目的、それが注目される背景などの基礎知識を理解した上で、親事業者の義務、親事業者の禁止行為について、具体的に学習していきます。そして、下請法違反行為を行った場合に、親事業者にはどのような制裁が下されるのかについても学習します。禁止行為については、ケーススタディを織り込みながら、分かりやすく説明していきます。

研修の効果

  • 下請法に関する基礎知識が理解できます。
  • 日常の行為に潜む違反行為について自覚を持つことができ、回避することができます。
  • 下請事業者の方は、親事業者との公正な取引が出来ると共に、自社の利益と権利を守ることが可能になります。
  • 親事業者の方は、公正な取引ができると共に、コンプライアンスの面からも、社内外の信頼を勝ち取ることが可能になります。

対象者

一般社員

所要時間

3時間30分(一般的な研修時間の目安となります。)

研修の必要性

下請法の運用は、年々強化されてきています。下請法を正しく理解していないことで下請法違反を犯し、そしてそれが公表されることにでもなれば、企業は非常に大きなダメージを被ることになります。
下請法に関する知識を、外部への発注担当の社員全員に周知し、下請法遵守体制を構築しておくことが必須です。

カリキュラム

カリキュラム 時間
1.下請法の概要
  • 下請法の目的
  • 下請法の適用範囲
2.親事業者の義務
  • 書面の交付義務、支払期日を定める義務等、4つの義務について
3.親事業者の禁止行為
  • 買いたたきの禁止、受領拒否の禁止、不当返品の禁止等、11の禁止行為について
4.違反行為に対する措置
  • 書面調査・立入検査、改善勧告・勧告の公表、罰則
3時間
確認テスト 20〜30分程度

PAGE TOP