債権回収研修

研修の概要

この講座では、債権の管理・回収の方法について、日常の場面(通常の取引場面)と、緊急の場面(顧客が倒産した場合等)とに分けて学習していきます。 日常の場面では、債権の管理・回収の重要性、与信管理、債権の担保について学習し、緊急の場面では、取引先の協力が得られる場合の対処法と、取引先の協力が得られない場合の対処法とに分けて、回収方法を学習していきます。また、各種倒産処理手続の概要についても学習します。テーマごとにケーススタディを盛り込み、分かりやすく説明していきます。

研修の効果

  • 債権の管理・回収の重要性が理解でき、具体的な方法に関する知識が身に付きます。
  • 身近な事例に対して適切な対応をすることが可能となります。

対象者

一般社員

所要時間

7時間(一般的な研修時間の目安となります。)

研修の必要性

取引は、債権が回収できてはじめて企業に利益をもたらします。しかし、実際の取引場面では、取引先が代金をきちんと支払ってくれない、更には支払わずに倒産してしまったなど、債権が回収できないリスクが常に伴います。このようなリスクが表面化してから動いたのでは、すでに手遅れです。
手遅れになる前に、債権の管理・回収の重要性を理解し、その具体的な方法に関する知識を身に付けておくことが必要不可欠です。

カリキュラム

カリキュラム 時間
Ⅰ日常的な債権の管理・回収
  • 1.1 日常的な債権管理・回収の重要性
  • 1.2 信用調査と与信管理
  • 1.3 債権の担保〜物的担保と人的担保
3時間
Ⅱ緊急時の債権回収
  • 2.1 総説
  • 2.2 取引先の協力が得られる場合の回収
    実力行使の前に/相殺の財源作り/
    債務弁済契約証書の作成
    商品引揚げと所有権留保/
    債権譲渡を受ける
    代理受領・立会受領・振込指定
  • 2.3 取引先の協力が得られない場合の回収
    請求/仮差押え・仮処分/相殺
    債権を譲渡する/民事訴訟
    訴訟以外の法的手段/強制執行
  • 2.4 その他の債権回収に関連する事項
  • 2.5 各種倒産処理手続
    (破産・特別清算・民事再生・会社更生)
3時間30分
確認テスト 20〜30分程度

PAGE TOP