• eラーニング
  • 経営・企画
  • 管理職
  • 経営層

内部統制における評価と報告を学ぶ

内部統制における評価と報告を学ぶ

事例で理解を深め、ビジネスリスクを軽減。

研修対象者

  • 管理職、経営層
  • コンプライアンス担当の管理職の方

研修概要と期待効果

内部統制とは、「職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制」と定義されています。字面だけながめていると法務課が対処すべき問題であり、企業の利益とは無関係なように思えるかもしれません。

しかしながら、実は、内部統制は企業の利益と深い関係があります。それだけではありません。内部統制に問題があった場合、会社の存立を揺るがすような大問題に発展するおそれがあるのです。

eラーニング講座内でも紹介していますが、アメリカに進出していた日本の銀行の職員が、債券取引で失敗して巨額の損失を生じさせたにもかかわらず、内部統制の確立が不十分であったため、これを隠蔽。後に明るみ出て、アメリカの当局により、3億4000万ドルという巨額の罰金刑を科せられました。

アメリカから事業を撤退するはめになっただけでなく、当時の取締役は、内部統制が不十分であったことを問われ、一人当たり、7億ドルあまりの損害賠償責任を問われることになったのです。

内部統制に関する知識の不足は、会社の存立に関わる事態に陥るとともに、個人として、一生かかっても払いきれないような損害賠償責任を負担させられるおそれがあるのです。

このような事態を避けるためにも、LEC eラーニング講座「内部統制における評価と報告を学ぶ」による研修をお勧めします。内部統制に関する複雑な内容を、豊富な例を引いて、コンパクトに説明しており、忙しいビジネスパーソンやコンプライアンス担当の管理職の方の学習にも最適です。

研修の特徴

本講座では、内部統制は、これを強化することによって、効果的な事業活動、コンプライアンスの徹底につながり、ひいては「もうけ」にまでつながる、「もうけのためのシステム」であることを理解します。

そのうえで、内部統制は、会社法によって要請されるものと、上場会社を対象とする金融商品取引法によって要請されるものがあること、内部統制を確立するためには、リスク分析が欠かせないこと、内部統制を確立させるための視点、といった内容につき、IT企業、銀行、飲食業での具体例を挙げ、内部統制の問題点を具体的に指摘する内容となっています。

また、eラーニングによる研修は、自己のペースで無理なく体系的な学習が可能です。さらに、理解度チェックや終了テストなどの活用で、実際にどの程度知識が身についたのか、学習効果を確認することができます。

既成コンテンツで満たせないご要望には、柔軟かつ迅速にカスタマイズ対応いたします。外国語への翻訳も可能です。

カリキュラム

内部統制における評価と報告を学ぶ
  • Topic1 内部統制は、儲けるためのシステム!
  • Topic2 株主や債権者も、内部統制をチェックする
  • Topic3 上場企業の粉飾は、厳罰に処せられる
  • Topic4 上場企業の内部統制は、総理大臣に報告!
  • Topic5 リスクとは?
  • Topic6 リスク・アプローチ
  • Topic7 7億7,500万ドルの損害賠償
  • Topic8 内部統制の5本柱
  • Topic9 内部統制のフレームワーク
  • Topic10 社員も、不正を許さない!

学習画面イメージ

学習画面
学習画面
理解度チェック
理解度チェック
修了テスト
修了テスト

学習時間

1時間

受講費用

1,100円(税込み)

無料ダウンロード(お試し版)

eラーニング「内部統制における評価と報告を学ぶ」の一部を無料でお試しいただけます。

eラーニング導入のご相談

eラーニングの導入をご検討・ご希望の企業の皆様にお得なプランもご用意しています。また、カスタムメイド、オーダーメイドのご要望にも専門スタッフが一貫した体制で対応いたします。
お気軽にお問い合わせください。

関連コンテンツ

講師派遣・オンラインLECの経営・企画研修(集合・オンライン)

eラーニングLECの経営・企画研修(eラーニング)

カスタマイズ・オーダーメイド対応可能

階層別おすすめ研修

LECのeラーニング講座は約300種類!

ご登録いただくと、全ての講座の詳細をご案内する資料(デジタルパンフレット)のダウンロードや、全てのeラーニング講座のサンプルが、無料でご利用いただけます!

PAGE TOP