目標管理と部下育成研修

研修の概要

管理者・監督者の共通の仕事として、①目標を設定する、②組織する、③動機付けを行い、コミュニケーションを図る、④評価測定する、⑤人材を開発する、の5つの基本作業があります。 この講座では、管理、監督者の役割をこの5つの視点からトータル的に学習していきます。

研修の効果

  • 目標を設定する:会社のビジョン、経営戦略達成のために部署が担うべき目標を設定し、部署の目標を達成するために各担当者が貢献すべき役割を明確にするスキルを理解します。
  • 組織する:管理者・監督者が組織内における部下の仕事と権限を効果的に分配し、監督するとともに、部署内での相互協力関係を構築することができます。
  • 動機付けを行いコミュニケーションを図る:部署目標の達成という役割を遂行する上では、管理者が、部下のやる気を高めるために、様々な動機付けを行いコミュニケーションを図ることが必要です。その意義が理解できます。
  • 評価測定する:部下に目標を与え、その目標を達成させるためには、予め目標の設定を行わせるだけでなく、その仕事の結果を事後的に評価することが、マネジメントの観点から不可欠となります。効果測定の意義を理解し、スキルを身につけます。
  • 人材を開発する:管理者の重要な仕事の一つであるメンバー各人の能力向上・発揮に向けた働きかけのスキルを身につけます。

対象者

管理職社員

所要時間

5時間(一般的な研修時間の目安となります。)

研修の必要性

未曾有の不況といわれるこの時代、企業の生き残り競争は激化しています。社会の環境の変化に素早く対応し、的確な判断を下せるリーダーと、それを支える強靭な組織が必要とされています。

カリキュラム

カリキュラム 時間
Ⅰ管理者・監督者の役割・仕事
  • 1.1 管理者・監督者とは?
  • 1.2 管理・監督者の役割・仕事
  • 1.3 管理者・監督者の資質
Ⅱ目標管理
  • 2.1 目標管理の基本概念
    目標管理の歴史的変遷/目標管理の意義・目的/目標管理の内容と手順/目標管理の効果
  • 2.2 目標管理制度の運用
    人事考課制度/目標面接の方法と実施
3時間
Ⅲ人材育成への活用(コミュニケーション)
  • 3.1 部下育成の考え方と進め方
    部下育成の考え方/部下育成の進め方/ コミュニケーション
  • 3.2 コーチング
    コーチングの意義/コーチングの機能/ コーチングのモデル
2時間

PAGE TOP