2022年度 出る順宅建士スマート合格コース
(企業・法人向け)

出る順宅建士スマート合格コース

3,500人以上のビジネスパーソンから好評をいただいた講座!
忙しいビジネスパーソンが仕事をしながら宅地建物取引士を目指す方のための、コンパクトで低コストなWEB通信講座です。
今年は受講者様からの改善アドバイスを基に、大幅リニューアルし、もっと学習しやすくなりました。

対象者

宅建試験合格を目指すビジネスパーソンの方
講座受講の時間と、受講料のコストを抑えてコンパクトに学習したい方
時間や場所に絞られずにコンパクトに学習できる講座がほしい方
従業員の宅建試験合格を支援する企業様
従業員様に宅建士を取らせたいが、高額な受講料の負担は難しい研修ご担当者様
宅建士の集合研修を実施しているが、自習で勉強できる講座もほしい研修のご担当者様
従業員様の自己啓発支援でコンパクトな講座を探してる研修のご担当者様

講座概要

1 テーマ 10 分〜20 分というコンパクトなWEB動画で学べる講座!

①2022年度出る順宅建士スマート合格講座(30時間)
学習時間がなかなかとれない忙しい社会人に最適な講座が「出る順宅建士スマート合格講座」です。
1テーマ10分〜20分というコンパクトな講義時間なので、いつでもどこでも集中して学習に取り組めます。
あなたのライフスタイルに合わせてスマートにご活用ください。
②2022年度出る順宅建士スマート演習講座(30時間)
1コマ10分〜20分の講義時間はそのままに、重要な項目・知識を過去問を素材として学習し、実際に「正誤」を 判断する力を養います。講義は「出る順宅建士ウォーク問過去問題集」を使用して、実際に過去問を解き、解説 を行います。

学習効果

「出るところ」に的を絞った講義で、効率的に必要な知識を習得
学習進度に合わせて「確認テスト」により、知識の定着と弱点のチェック
復習を進めていただくことで、合格レベルの基本知識と得点力が身につく

講座の特徴

①企業研修登壇実績が豊富な講師による、わかりやすい解説講義
②好評のLECの定番テキスト「出る順宅建士」シリーズがメイン教材
③忙しいビジネスパーソンにぴったりな合計60時間のコンパクト講座
④1テーマ10〜20分の講義で「スキマ時間」学習に最適
⑤倍速再生可能で、自分のペースに合わせた学習が可能
⑥ダウンロードも可能で、いつでもどこでもデータ容量気にせず学習可能
リニュアルポイント

最新にミーティングボード「MAXHUB」を活用し、より視覚的でわかりやすい講義に!

合格講座には学習進度に合わせた「確認テスト」実装で、実力確認が可能に!

試験直前でも苦手な範囲だけ即座に見直せるLECオリジナル合格ステップ集をプレゼント!

カリキュラム・所要時間

講座名 科目 テキスト 講義時間
2022出る順宅建士
スマート合格講座

※章ごとに復習用「確認テスト」つき
権利関係
出る順宅建士合格テキスト
 ①権利関係
 ②宅建業法
 ③法令上の制限・税・その他
30時間
宅建業法
法令上の制限・税・その他
2022出る順宅建士
スマート演習講座
権利関係
出る順宅建士ウォーク問過去問題集
 ①権利関係
 ②宅建業法
 ③法令上の制限・税・その他
30時間
宅建業法
法令上の制限・税・その他

使用教材

発送教材

出る順宅建士スマート講座テキスト
2022 出る順宅建士スマート合格講座:
「2022年度版 出る順宅建士合格テキスト①〜③」
「2022 出る順宅建士スマート合格コース」ご利用の手引き
(特典)LECオリジナル合格ステップ集
2022 出る順宅建士スマート演習講座:
「2022年度版 出る順宅建士ウォーク問過去問題集①〜③」
「2022 出る順宅建士スマート合格コース」ご利用の手引き
(特典)LECオリジナル合格ステップ集

WEB教材

両講座共通
「2022 出る順宅建士スマート合格コース」カリキュラム表
(特典)LECオリジナル合格ステップ集(※発送教材と同じものをWEB受講画面でも閲覧いただけます)

登壇講師

友次 正浩 LEC専任講師

友次 正浩 LEC専任講師
大学院修了後、大学受験国語科講師として複数の予備校で国語科の講師を行ってきました。ほぼ毎年、担当生徒から全国模試トップを輩出しました。
何がどのように問われるのかがわかれば、宅建士試験は一発で合格できます。私自身の経験に加え、予備校のテクニックを存分に駆使して講義をします。
わかりやすく伝える講義力と、過去問の分析力には自信があります。法律初心者の方も、今年絶対に取得しなければならないという不動産業界の方も、お任せください。

受講料(教材費込み)・販売形態

講座名 申込形態 教材 一般価格(10%税込) 講座コード
出る順宅建士
スマート合格コース
(合格講座+演習講座)
Web+スマホ 合格テキスト+ウォーク問付 48,000円 DB22061
ウォーク問のみ 45,000円
合格テキストのみ 46,000円
書籍無し 43,000円
出る順宅建士
スマート合格講座
Web+スマホ 合格テキスト付 30,000円 DB22062
書籍無し 28,000円
出る順宅建士
スマート演習講座
Web+スマホ ウォーク問付 29,000円 DB22063
書籍無し 27,000円
※宅建登録講習【5問免除】をご受講の方へ
「出る順宅建士 合格テキスト①〜③」は「2022年度 宅建登録講習」使用テキストと同内容となります。宅建登録講習【5問免除】をご受講の方は、合格テキストを別途ご購入いただく必要はございません。

企業様内での社員研修や、自己啓発支援制度等を利用した割引価格での講座のご提供等、幅広いニーズにもお応えしております。

本講座は法人様向けの講座です。
詳しい内容につきましては、LEC法人営業部までお問合せください。

お問い合わせはこちら

講義サンプル

大型モニター黒板を活用し、より視覚的でわかりやすい講義を実現!

サンプル動画

学習画面イメージ

学習進度に合わせて「確認テスト」により、知識の定着と弱点のチェックが可能

宅建士ラーニング画面

試験直前でも苦手な範囲だけ即座に見直せるLECオリジナル合格ステップ集をプレゼント!
※発送・WEBアップは2022年3月頃を予定しています。画像は2021年度版のサンプルです。

宅建士ラーニングプレゼント

お申込方法

本講座は、法人様向けの講座です。
詳しい内容につきましては、LEC法人営業部までお気軽にお問い合わせください。

STEP1お問い合わせ

お問い合わせフォーム、TEL、FAXにてお問い合わせ下さい。

STEP2申込書の発送

弊社担当よりご説明申し上げた後、申込書を発送いたします。必要情報をご記入の上で、ご返送下さい。

STEP3受講開始

教材がお手元に届きましたら、すぐに学習を開始して頂けます。

LEC研修の強み

LEC東京リーガルマインドの提供する人材育成サービスの特徴
01.ビジネススキルアップ
創立より40年以上に亘り、企業・公共団体・大学やそこに属する個人の方まで、幅広い層の研修やスキルアップをおこなってきた実績がございます。貴社における人材育成も安心してお任せください。
02.資格取得研修
資格取得対策で培った、難解な知識を誰にでもわかりやすく、かつ簡潔に教材としてまとめるノウハウ、またそれを短期間で制作する社内体制で、研修終了後も財産になる教材をご提供します。
03.豪華な講師陣
士業やコンサルタントなど実務に精通した方から、資格対策における合格指導のプロ、またはその双方を兼ね備えた方など、豊富なリソースにより研修効果を最大化できる講師を貴社のためにアサインします。
04.カスタマイズ力
研修効果を最大化するため、講義内容は柔軟にカスタマイズいたします。事例や社内規則など、盛り込みたい事項をお申し付けいただければ、貴社だけのオリジナル研修をご提案いたします。
05.豊富な研修スタイル
講師派遣・スタジオ収録動画のWEB配信・ビデオ会議システムによる双方向オンライン講義・eラーニングなど、費用・人数・時間・場所によって様々な提供形式を組み合わせ、最適な研修をご提案します。

社員研修実施までの流れ

お問い合わせ〜実施〜アフターフォローまで、ご希望に合わせた研修実施が可能です。

STEP1 ヒアリング
貴社の研修ニーズの全体像についてヒアリングいたします。
例)・実施内容・目的・時期・対象者・人数・予算・研修会場etc.
STEP2 ご提案書作成
ヒアリングの内容に基づき、ご提案書を作成いたします。
・研修の種類(集合研修・オンライン研修・eラーニング・資格取得対策)
・研修内容(カリキュラム等)・完成系かカスタマイズかオーダーメイドかの確認 など
STEP3 打ち合わせ
ご提案書に基づき、貴社のご意見・ご希望をうかがいながら、より詳細な内容を確定していきます。
STEP4 研修実施の確定
研修実施を確定します。
STEP5 契約・実施打合せ
研修日程・教材等の詳細を打合せをさせていただきます。
STEP6 研修実施
集合研修・オンライン研修・eラーニング・資格取得対策
STEP7 アフターフォロー
アンケートやご担当者様、講師などからのフィードバックを基にした改善提案や受講者へのアフターフォロー

FAQ・よくある質問

Q1.宅建(宅地建物取引士)とはどのような資格ですか?資格取得するメリットはなんでしょう?
宅地建物取引業者が宅地建物の取引の際に行わなければならない3つの業務があり、これらはいずれも宅地建物取引士の資格をもつ者でなければできない「独占業務」として法律で決められています。宅建の資格を取得すると、資格手当や昇進昇級などでの収入アップの可能性、マイホームの購入時などに役立つといったメリットのほか、仕事の活躍の場が広がるため、不動産会社への就職や転職、さらには独立開業という道も開けます。
Q2.宅建(宅地建物取引士)の資格は、どのような業界で活かせますか?
宅地建物取引業においてはもちろんですが、例えば不動産管理会社では、不動産分譲の仲介を行い、さらに管理もする会社が増えており、宅建の資格が必須です。建築会社では、自社で建築した物件を販売する際にやはり宅建の資格が必要になります。金融機関や保険会社では、不動産の担保価値を評価して融資することが多く、特に都市銀行のほとんどがグループ会社に不動産販売会社を持っているので、宅建の資格が重視されます。 このように不動産に関連する業界では、宅建士の資格を有効に活用することができます。
Q3.宅建(宅地建物取引士)の試験内容・範囲は?
宅建士試験は、4つある選択肢の中から正しいもの、あるいは誤っているものなどを1つ選ぶ「四肢択一」式の問題が50問出題されています。このうち、「権利関係」からは14問、「法令上の制限・税」からは11問、「宅建業法」からは、20問、あと、宅建業に従事している者で、一定の条件を備えている者は受験を免除される「免除科目」が5問、から成ります。
Q4.宅建(宅地建物取引士)の試験日程はいつですか?
試験日は、毎年10月の第3日曜日、午後1時〜3時とされています。願書の配布は7月上旬が予定されており、願書の受付は、7月中とされています。ただし、郵送による申込みと、インターネットによる申し込みでは、受付期限が異なるので注意してください。合格発表は、11月下旬〜12月上旬の予定です。
Q5.宅建(宅地建物取引士)の試験の難易度・合格者の推移はどの程度ですか?
宅建試験の合格率は低く、例年15〜17%台となっています。過去10年の合格ラインは、31点〜37点であり、宅建試験に合格するためには、7割程度の点数を取れるかどうかが目安となっています。
Q6.宅建(宅地建物取引士)合格のための勉強時間は?いつから勉強を始めたらいいですか?
法律を学習するのが初めての方であれば、300時間〜400時間を目安にしてください。法律の学習経験をお持ちの方であれば、個人差はありますが、200時間〜250時間で合格点を取るのに十分な実力を身につけることができます。
なお、勉強の期間としては、長い方で9ヶ月〜11ヶ月、短い方で3ヶ月〜5ヶ月くらいです。
Q7.宅建(宅地建物取引士)のほかに行政書士や簿記など、ダブルライセンスとして人気な資格はありますか?
マンション管理士試験や管理業務主任者試験は、出題形式や内容が非常に似ています。宅建士試験は民法が毎年10問以上出題されることから、民法に関する出題の多い司法書士試験、また、民法のほかに行政法規とも内容が重複する不動産鑑定士試験、土地家屋調査士試験や行政書士試験などとも試験内容が一部重なります。
Q8.LECの宅建講座の強みは何ですか?
LECでは、1985年に宅地建物主任者試験合格講座を開設して以来、毎年の試験の傾向にあわせて作成される最新の教材・カリキュラムと、それをわかりやすく解説する専任講師の講義によって、約35年の長きにわたり毎年多くの合格者を輩出してきた実績があります。
講師派遣型集合研修のほか、企業向けには、Web講義、DVD講義を、個人向けには、通学講義やWeb講義、DVD講義などをご用意しています。
Q9.LECの宅建講座は、通学しないと受講できませんか?
LECでは、個人で受講をご希望の方に、通学講義だけではなく、Web講義、DVD講義などをご用意しています。スケジュールや場所の調整が難しい場合や、自宅学習を希望される方にも配慮しています。

お客様の声

D様
動画学習の講師がとても良かったです。重要なポイントは繰り返して伝えてくれる、抑揚のある話口調、ポイントを絞った解説、頭にすっと入ってきやすいスピードで動画が進んでいきます。育児中だったためテキストを開く時間がなかなか取れなかったのですが、動画を何度も流し聞きすることで学習することが出来ました。
T様
講師の説明が分かりやすく良かったです。最近の傾向としてはただ単純に暗記するだけでは合格が困難になっていると思われますので、本質が理解できて良かったです。前回は独学で臨み、一点足らず不合格でしたので今回は多少点数に余裕を持って合格出来たのもこの講義のおかげかと思います。ありがとうございました。
H様
よかった点は以下の通りです。
①とにかく過去問というメッセージ。
②模試。これで苦手分野の把握と克服が出来ました。
③動画での「問題文に〇×を」のアドバイス。テクニック論ではありますが、役立ちました。
④テキストも良かったです。
本通信教育と過去問で合格出来ました。

お問い合わせ

まずはお問い合わせください!

社内で「宅建士」資格取得者を増やしたい、効率よく資格取得を行いたい、従業員に資格取得を推奨したい等、宅建士資格に関するお悩みや疑問点など、お気軽にご相談ください。
企業内での研修・集合研修や、団体受講をご検討の場合は、割引制度等もございます。詳細資料のご請求やお見積りのご依頼は、お気軽に法人事業本部まで。

企業様向け お見積もり・お問い合わせフォームへ

PAGE TOP