menu

株式会社 東京リーガルマインド

2019年度神奈川県放課後児童支援員認定資格研修

研修内容・費用等

1. 研修内容

研修科目は、下記の16科目となります。原則、1日4科目、1科目90分の講義となります。

時間割(受講案内)は、受講決定書と一緒にお送りいたします。
また、確定し次第、 スケジュール表の詳細欄 にPDFで添付します。

分野1:放課後児童健全育成事業(放課後児童クラブ)の理解
科目① 放課後児童健全育成事業の目的及び制度内容
科目② 放課後児童健全育成事業の一般原則と権利擁護
科目③ 子ども家庭福祉施策と放課後児童クラブ
分野2:子どもを理解するための基礎知識
科目④ 子どもの発達理解
科目⑤ 児童期(6歳〜12歳)の生活と発達
科目⑥ 障害のある子どもの理解
科目⑦ 特に配慮を必要とする子どもの理解
分野3:放課後児童クラブにおける子どもの育成支援
科目⑧ 放課後児童クラブに通う子どもの育成支援
科目⑨ 子どもの遊びの理解と支援
科目⑩ 障害のある子どもの育成支援
分野4:放課後児童クラブにおける保護者・学校・地域との連携・協力
科目⑪ 保護者との連携・協力と相談支援
科目⑫ 学校・地域との連携
分野5:放課後児童クラブにおける安全・安心への対応
科目⑬ 子どもの生活面における対応
科目⑭ 安全対策・緊急時対応
分野6:放課後児童支援員として求められる役割・機能
科目⑮ 放課後児童支援員の仕事内容
科目⑯ 放課後児童クラブの運営管理と運営主体の法令遵守

2. 持ち物

筆記用具・本人確認書類・受講決定通知書

  • ※受付にて、本人確認書類をご提示いただき、ご本人様かどうかの確認をさせていただきます。 住民票・健康保険証・運転免許証、パスポート等、公的機関発行の身分証明書をご提示ください。
  • ※受講決定通知書および本人確認書類を忘れた場合、研修を受講することができませんのでご注意ください。

3. 遅刻・早退

15分以上の遅刻・早退・離席があった場合には、該当科目について欠席扱いとなりますのでご注意ください。

4. 科目の一部免除について

すでに取得している資格等に応じて、受講申込書記載のとおり、研修科目の一部について免除が可能です。

該当資格と免除可能科目

[保育士]
科目④ 子どもの発達理解
科目⑤ 児童期(6歳〜12歳)の生活と発達
科目⑥ 障害のある子どもの理解
科目⑦ 特に配慮を必要とする子どもの理解
[社会福祉士]
科目⑥ 障害のある子どもの理解
科目⑦ 特に配慮を必要とする子どもの理解
[幼稚園教諭、小学校教諭、中学校教諭、高等学校教諭]
科目④ 子どもの発達理解
科目⑤ 児童期(6歳〜12歳)の生活と発達

5. 費用

研修の参加費用は、無料です。
ただし、会場への往復の交通費及び昼食代等は、受講者の自己負担となります。

また、教材として、①『放課後児童支援員都道府県認定資格研修教材』(中央法規)及び、②各講師の作成する資料を使用します。 各会場での研修初日に受付で2,500円にて販売いたします。なお、①をすでにお持ちで持参される場合は、②1,500円のみをいただきます。

領収書が必要な方は、受講申込書の裏面下段の「研修資料代領収書の宛名」の記入をお願いします。

PAGE TOP