ビジネス実務法務研修

研修の概要

ビジネスパーソンが、業務遂行上、理解しておくべき重要法令をコンパクトに整理します。 民法・会社法を中心に、独占禁止法、個人情報保護法等さまざまな法律にも言及します。

研修の効果

  • ビジネスに関わる重要法令の基本構造を、実務に直結する形で理解することができます。
  • 業務遂行についてのスキルアップを図ることができます。

対象者

一般社員

所要時間

7時間30分(一般的な研修時間の目安となります。)

研修の必要性

ビジネス実務には、様々な形で法令が関わってきます。例えば、物を売るのであれば民法の「売買契約」の規定が、担保を取るのであれば、「抵当権」や「保証」に関する規定が関係してきます。また、お客様の個人情報等を扱うにあたっては、「個人情報保護法」の理解が不可欠です。こうした重要法令についての理解は、ビジネスパーソンにとって強力な武器(スキル)となるばかりではなく、法令違反を回避するという意味において、企業・組織にとってはコンプライアンス強化に直結するものといえます。

カリキュラム

カリキュラム 時間
Ⅰ消費者基本法と消費者契約法
  • 1.消費者基本法
  • 2.消費者契約法の概要
  • 3.取消対象となる行為
  • 4.消費者契約法による契約条項の無効
Ⅱ割賦販売法
  • 1.割賦販売法について
  • 2.割賦販売法に対する規制
  • 3.その他の問題
Ⅲ特定商取引法
  • 1.特定商取引法の概要
  • 2.訪問販売
  • 3.通信販売
  • 4.電話勧誘販売
  • 5.継続的なサービス提供に関する規制
  • 6.内職・モニター商法に関する規制
  • 7.その他の規制 確認テスト
4時間
確認テスト 20〜30分程度

PAGE TOP