プレゼンテーション研修

研修の概要

ビジネスにおいては、こちらの意見や要望を相手に「伝える」だけでなく、期待する行動を起こしてもらうために「伝わる」ことが必要になります。また、社内においては上司や同僚への報連相をはじめ、自分の言いたいことを伝える場面が多くあります。それにもかかわらず、きちんと相手に伝える・伝わるためのテクニックを身につけているという若手ビジネスパーソンは少ないのが実情です。

「プレゼンテーション」の技術を学ぶことで、ビジネスにおけるすべてのコミュニケーションの基本を身につけることができます。

LECでは、ビジネスパーソンに必須のスキルである「プレゼンテーション」について、単なるインプットの理論知識だけではなく、実務ですぐに使えるようにさまざまなワークを取り入れて研修を行い、成長を続ける社員育成を実現します。

研修の効果

  • プレゼンテーションのための基礎知識を学び、普段の仕事のアウトプットが質的に向上する
  • 自分の意見を的確に相手に伝えることができるようになる
  • 相手の行動変容を促すことができるようになる
  • 人前で話したり伝えたりする場面でも落ち着いて対処することができるようになる

対象者

新入社員、3-5年目社員

所要時間

5時間(一般的な研修時間の目安となります。)

研修の必要性

新入社員から若手社員がプレゼンテーションスキルや活用法を身につけることで、組織としては以下のようなメリットがあります。

  • コミュニケーションの質が高まり、仕事の成果を上げられるようになる
  • 個人のモチベーションアップや組織のコミュニケーション活性化につながる
  • 顧客との交渉などがうまくいくようになる
  • 組織のビジョンと個人の成長目標のベクトルを戦略的に合わせることで、より効果的な教育効果が得られる

カリキュラム

カリキュラム 時間
1.コミュニケーションの仕組み
  • (1)「伝える」と「伝わる」の違い
  • (2)相手の背景を想定する重要性
  • (3)メッセージの構築
2.プレゼンテーションの基礎
  • (1)ストーリー作成
  • (2)伝えるためのテクニック
  • (3)マインドセット
3.プレゼンテーション演習
  • (1)動画撮影演習
  • (2)動画チェックとフィードバック
  • (3)よりよくするためには
3時間
4.グループワーク
  • (1)相互演習
  • (2)率直な感想と意見
  • (3)グループディスカッション
5.まとめ、全体発表
  • (1)アウトプットの発表
  • (2)レビュー
2時間

PAGE TOP