ハラスメント対策研修

研修の概要

ハラスメントには嫌がらせ、いじめといった意味があり、職場でのハラスメントには、モラルハラスメント・パワーハラスメント・セクシュアルハラスメントがあります。良好な職場環境を保つためハラスメントに関する知識を身に付け、日頃の生活態度の改善を図ります。 テーマに沿って、ケーススタディを取り入れ学習します。

研修の効果

  • ハラスメントの種類や問題点について広く知識が得られます。
  • 身近な場面を想定したケーススタディを取り入れることにより、すぐに活用できる力を身に付けます。

対象者

一般社員

所要時間

3時間30分(一般的な研修時間の目安となります。)

研修の必要性

  • セクシャルハラスメントは有名ですが、その解釈は難しく、日常の何気ない言動がセクハラに該当することがあります。それによりセクハラを行った本人はもとより、上司や会社までを対象とした訴訟が発生しています。
  • また、ハラスメントはセクハラだけにとどまらず、パワーハラスメントやモラルハラスメントといった新しいものが問題となってきています。
  • そしてハラスメントの対象は部下だけではなく同僚にも及んでいます。管理職だけではなく、一般社員であっても正しい知識を習得し、働きやすい職場環境を整備する姿勢が大切となります。

カリキュラム

カリキュラム 時間
1.職場におけるハラスメント
  • ハラスメントの種類と内容
  • セクシュアルハラスメントとは/モラル・ハラスメント/パワー・ハラスメント/
  • ハラスメントが職場に与える影響/改正男女雇用機会均等法の解説
2.ラスメントが発生しないようにするためには
  • 法律上企業に求められているもの/研修の実施・職場での掲示/社内規定の整備/
  • 相談窓口の設置と活用/企業風土とハラスメント
3.ハラスメントが発生してしまったら
  • 裁判例でみる実例とその解決
  • 被害者となった場合
  • ハラスメントがあったとの訴えを受けた場合
4.対応ケーススタディー
 
5.コンプライアンス経営とは
  • コンプライアンスとは
  • コンプライアンス経営
3時間
確認テスト 20〜30分程度

PAGE TOP