外国人採用スタートアップ研修

研修の概要

外国人労働者の受け入れは国をあげての取り組みとなっていますが、まだまだ一本化されたノウハウは確立しておらず、優秀な外国人社員の獲得競争、採用した外国人の早期戦力化はそれぞれの企業が人事戦略として検討すべき重要課題となっています。

この外国人採用スタート研修では、これから外国人社員を活用したい企業の人事担当者において優秀な外国人人材確保のための求人から、採用の前提となるビザ申請はもちろん、採用後の雇用管理や育成、日本語能力や文化に違いへの理解を通じた離職防止など、最低限知っておくべき基礎知識を学ぶことができます。受け入れ部門の管理者も併せて受講することで、適正な組織マネジメントにも繋がります。

研修の効果

  • 外国人労働者を取り巻く最新事情や在留資格について知ることができる
  • 優秀な外国人確保のための求人方法を知ることができる
  • 採用後のビザ申請を含めた入社手続きの流れを知ることができる
  • 採用後の労務管理の基礎知識を知ることができる
  • 外国人社員を育成し、戦力化するための必要なポイントを知ることができる
  • 外国人社員が抱える意識や文化の違いを理解し、マネジメントする方法を知ることができる

対象者

人事部担当者・部門管理者

所要時間

5時間(一般的な研修時間の目安となります。)

研修の必要性

外国人社員の採用と戦力化に関するメリットや、在留資格や文化の違いなどにより考えられるリスクについてノウハウを学ぶことで、より広い市場から優秀な人材確保を行うことができるようになり、経営基盤の強化や、グローバル人材の確保とダイバーシティの浸透によるイノベーションの可能性を高めることに繋がります。

カリキュラム

カリキュラム
●外国人雇用の基礎知識
外国人採用で失敗しないための採用計画の立て方、募集媒体別の最新事情、外国人受入体制の構築、求人原稿の書き方など
●在留資格の基礎
確実に就労ビザを取得するための申請書類作成上の重要点と留意点
●外国人の雇用管理のポイント
外国人社員が早期に辞めないための外国人社員のキャリアパス、マニュアル作成のポイント。外国人雇用で成功している企業の事例など具体例を解説
●日本のビジネス社会で使う日本語・ビジネスマナー
外国人社員に教えておかないと会社が恥をかくビジネス日本語(ビジネス用語、メールでの表現など)やビジネスマナー(電話の取次ぎ方、名刺交換、席次等)
●労働基準法、社会保険についての基礎知識
外国人社員に教えておくべき基礎知識について
●外国人雇用に対応した就業規則の作成、修正のポイント
外国人の特殊事情を反映させた就業規則の見直しについて
●国別、宗教別の留意点
日本での就労者が多い国に関する基礎知識について解説。雇用する側が最低限しておくべき、当該国の経済状況、文化、タブー、配慮すべき点など。2018年に就労者が多かった中国、ベトナム、フィリピン、ブラジル、韓国等について重点的に解説(当該国出身のゲスト講師による解説も予定)
●外国人雇用関連の最新法制度と運用
新在留資格制度、外国人雇用企業の最近の取り組み等について

PAGE TOP