ロジカルシンキング研修

研修概要

ロジカルシンキングは、物事や情報を論理的に捉え、合理的・客観的・効率的に業務やコミュニケーションを進めるために必要となるビジネススキルです。この研修では、ロジカルシンキングの概要とその重要性を学んだ後、思考を整理し問題発見、課題発見するために必要なMECEやロジックツリー、その他のフレームワークについて学び、文章やプレゼンテーションなどでそれを相手にわかりやすく伝えるためのアウトプット方法を身に付けていただきます。

研修の効果

  • ビジネスにおけるロジカルシンキングの必要性を理解できる
  • 問題や課題を探し、解決するための思考整理方法が身につく
  • 伝えたいことを整理し、相手に伝わりやすい伝達方法が身につく

対象者

一般社員

所要時間

7時間(一般的な研修時間の目安となります。)

研修の必要性

物事を整理し、相手にわかりやすく伝える技術が身につくことで、組織として以下のような考課が期待できます。
  • 通常業務における課題発見、問題解決
  • 商品企画における新たなアイデアの発案
  • 顧客への効果的なプレゼンテーション

カリキュラム

カリキュラム 時間
1.ロジカルシンキングの概要
  1. ロジカルシンキングの重要性
  2. 演繹法と帰納法という思考方法
2.思考を整理する考え方
  1. MECEの考え方
  2. ロジックツリーとは?
  3. その他のフレームワーク(SWOT、4P、4C)
  4. ロジックツリーを使った課題発見(グループワーク)
3時間
3.思考伝達に必要な要素
  1. ピラミッド構造とは?
  2. So What?/Why So?
4.ロジカルシンキング実践
  1. 説得力のある伝え方の構成とは?
  2. 課題発見と解決方法提案の実践演習(グループワーク)
4時間

PAGE TOP