管理会計研修

研修の概要

会計には、大別して外部向けに報告するための財務会計と内部向けに企画・管理するための管理会計の二種類あります。どちらも同じ会計データを使用しますが、財務会計が法律・制度や形式に捉われる一方、管理会計はそれらに捉われないため、企業や担当部門・担当者により活用レベルに差が生じ易く、結果としてその差が業績格差となって表れてきます。何故なら管理会計は、個々企業の事業戦略の設定、及びその進捗状況の把握、問題点の抽出と改善案を明確化させることを目的としており、近年の企業を取り巻く劇的な環境変化の中で、管理会計は経営の方向性を導く羅針盤として増々重要な役割を果たすからです。

管理会計を学び、実践することにより、経営的な視点が身につき、経営管理や会計・財務部門などで活躍の場が広がります。また、組織レベルでは損失の発生や拡大を防ぎ、業績向上や経営体質の強化などにつながります。

本研修では、利益が生まれるしくみの理解をはじめ、キャッシュフローの観点からも、管理会計の手法とポイントをわかりやすく、実例も交えてすぐに実践・利用できる活用ノウハウとスキルの向上を目的として、研修を実施します。

研修の効果

  • 管理会計の基礎知識を身につけてすぐにビジネスに実践、活用できます。
  • 利益とキャッシュフロー、さらに部門別予算・利益管理について理解し、かつ実践レベルでのスキルが身に付きます。
  • 中長期的に会社が進むべき目標を明確にでき、安定した経営が維持できるような経営計画作りの考え方を会得します。
  • 企業の成長を支える事業投資の意思決定手法についてもスキルが身に付きます。

対象者

経理・財務部門、経営者、経営企画、業務改善部門、管理会計に関心のある方

所要時間

6時間

研修の必要性

会社損益やお金の流れに関して、全社共通の考え方、言語でコミニュケーションが出来、次のアクションに全社挙げて迅速に対応することが出来ます。
経営管理を行う上で重要な会計情報(組織階層・商品・顧客別の損益など)を把握するためには管理会計の理解が必要です。
また、経営管理能力・事業戦略の意思決定能力を高めるためにも管理会計のスキルは必要です。

カリキュラム

カリキュラム 時間
1.管理会計の考え方
財務会計と管理会計の違い、基本的な考え方、取り扱う内容、業績評価
6時間
2.原価について
原価の分類、固定費の内容と管理方法、原価構成の把握、間接費の内容と管理方法
3.損益分岐点分析
売上と利益のモデル化、固定費型・変動費型ビジネス、損益分岐点分析の理解と応用、演習
4.直接原価計算を利用した事業部評価
事業部の管理会計上の位置づけ 、直接原価計算、本社費と共通費の配賦の考え方、貢献利益とは、責任利益と部門損益、KPI
5.企業をセグメント別分析
セグメント分析、組織・商品・顧客別の損益把握
6.経営分析の実践
財務諸表の構成と読み方、自社と他社の経営分析、経営分析のポイント、経営分析手法、演習
7.キャッシュフローについて
キャッシュフローとキャッシュフロー計算書、キャッシュフロー経営とは
8.設備投資の意思決定
設備投資の意思決定とは、意思決定の手法、設備投資の意思決定の留意点
9.まとめ
 

PAGE TOP