原価計算の基礎研修

研修の概要

製造業者にとって、製品製造コストに関する情報は極めて重要です。本講座では製造に係る原価計算の基礎的な方法や計算の構造を学習することにより、コストに対する認識を深めてゆきます。

研修の効果

  • 原価計算に関する基本的な知識を身につけることができます。
  • 損益分岐点分析の修得等により、コストと利益の関係について理解を深めることができます。

対象者

一般社員・管理職社員

所要時間

6時間(一般的な研修時間の目安となります。)

研修の必要性

  • 社員がコスト意識を持つことで業務の効率性に配慮することが可能になります。
  • 製品の原価計算を学ぶことで、直接に製品の製造に携わらない社員でも、自社の製品に対する理解・認識を新たにすることができます。
  • 商品クオリティと経費のバランスを意識して、自分の仕事を見直すことができるようになります。

カリキュラム

カリキュラム 時間
Ⅰ原価の種類
  • 1.形態別― 材料費・労務費・経費
  • 2.製品との関連― 直接費・間接費
  • 3.操業度との関連― 変動費・固定費
Ⅱ原価計算
  • 1.原価計算の基礎
  • 2.費目別計算
  • 3.総合原価計算
Ⅲ損益分岐点
  • 1.損益分岐点の意義
  • 2.固定費と変動費
  • 3.損益分岐点の計算
  • 4.損益分岐点図表
  • 5.損益分岐点を使った比率分析
5時間30分
確認テスト 20〜30分程度

PAGE TOP