コーポレートファイナンス研修

研修の概要

現代の企業にとって、コーポレートファイナンスの知識は、事業戦略や財務戦略を考える上で不可欠のものとなっています。ファイナンスというと、難しい数式など数学的な知識が必要で、やや取っつきにくいというイメージが強いですが、本講座では、企業の経営企画部門や財務部門等に従事する方々にとって必要最低限の基本事項を図解などで直観的にわかりやすく解説します。

研修の効果

  • コーポレートファイナンスの基本事項を一通り理解することができます。
  • 事業戦略や財務戦略に必要な基礎知識を修得することができます。

対象者

新入〜中堅社員

所要時間

2時間×5回+確認テスト時間(一般的な研修時間の目安となります。)

研修の必要性

  • 不況の長期化と企業の国際競争激化により、企業経営は量より質が問われる時代となってきています。こうした中で、企業の事業・財務戦略は、会計上の利益重視からキャッシュフローや経済的利益重視へと転換してきています。
    コーポレートファイナンスは、企業の経営戦略には欠かすことのできない知識・技法であり、企業の経営企画、投資・財務等の部門に従事する若手社員はもとより、将来、これらのセクションをめざす新人社員にも必ず役に立つものとなるでしょう。

カリキュラム

カリキュラム 時間
1.ファイナンスとは?
【講義】
  • ファイナンスと会計情報
  • ファイナンスモデルの必要性
2時間
2.資本コスト
【講義・演習*】
  • CAPM の意義とその計算
  • WACC の計算
  • 株式資本コストと負債コスト
2時間
3.投資価値判断
【講義・演習*】
  • キャッシュフロー分析/フリー・キャッシュフロー/NPV 法・IRR 法・回収期間法/リアルオプション法
2時間
4.企業の資金調達
【講義・演習*】
  • 財務レバレッジ効果
  • 倒産コスト
  • 最適資本構成/配当政策と自社株買い
2時間
5.企業価値
【講義・演習*】
  • 企業価値・株主価値とは?/APV(調整現在価値)法/FCF(フリーキャッシュフロー)法/EVA(経済的付加価値)法
2時間
確認テスト 20〜30分程度

*事例によるケーススタディを行ないます

PAGE TOP