法務・コンプラアンス

研修概要

LEC eラーニング講座「法務・コンプライアンス」では、豊富なコンテンツで法務・コンプライアンスに関する知識を総合的に学習することができます。

おすすめコンテンツ

  1. わかりやすい個人情報保護法入門
  2. 不当景品類・不当表示防止法とは?
  3. Essential独占禁止法
  4. 情報セキュリティ
  5. 30分でわかるコンプライアンス

おすすめ5コンテンツを学習いただくことで「コンプライアンス経営」とは?の基礎知識の習得ができます。

コンプライアンス経営を実現するために遵守すべき法令の内容を、身近な適用例とともに紹介しています。法令に違反しない適正な業務の実施方法、適正かつ効果的な労務管理の導入の方法、といった事項を、ビジネスを展開する際に参考となるよう、それぞれのポイントを押さえた形で解説しています。

また、これら入門レベルから進んでeラーニング講座の他コンテンツを受講することで、より深い知識の定着とスキルアップが期待できます。

学習ゴール

コンプライアンス経営とは、どのような経営をさすのか、また、コンプライアンス経営を実現するためには、それぞれの従業員にどのような行動をとることが要求されるのか、それぞれの現場においてどのような課題が課されるか、具体的に理解することができます。たとえば、株式を対象とする売買契約を締結する際に、インサイダー取引にあたらないか、個人情報の管理のため必要とされる行動目標を具体的に学ぶことができます。

特徴

eラーニングによる研修で、自己のペースで無理なく体系的な学習が可能です。さらに、理解度チェックや修了テストなどを活用し、実際にどの程度知識が身についたのか学習効果を確認することができます。

「法務・コンプライアンス」に関する総合的な知識を身につけ、ビジネススキルを磨きます。

既成コンテンツで満たせないご要望には、柔軟かつ迅速にカスタマイズ対応いたします。外国語への翻訳も可能です。

対象者

新入社員、コンプライアンス教育を受けていない全社員、法務部員、リスクマネジメント担当者

研修の必要性

企業経営におけるコンプライアンスの遵守は益々重要な課題となっています。そのため、コンプライアンス経営とは何か、コンプライアンス経営を実現するために、従業員にどのような行為が要求されるのか、具体的な理解が求められています。

従業員にその学習を促すため、コンプライアンス経営を実現のために遵守が要求される法令や、その具体的な適用場面をわかりやすく解説したeラーニング講座をご用意しました。関連する基礎知識の習得や、そのスキルをさらに磨くためのコンテンツも用意しています。

おすすめ入門コンテンツ詳細

  1. わかりやすい個人情報保護法入門
  2. 不当景品類・不当表示防止法とは?
  3. Essential独占禁止法
  4. 情報セキュリティ
  5. 30分でわかるコンプライアンス

LEC eラーニング講座「法務・コンプライアンス」一覧

情報セキュリティ
  • ●情報セキュリティ
民法
  • ●改正民法 −債権法の基礎知識−
コンプライアンス導入編
  • ●30分で学ぶコンプライアンス
  • ●従業員のためのコンプライアンス
  • ●Essentialコンプライアンス
  • ●人権問題の発生を防ぐ
コンプライアンス応用編
  • ●今さら聞けない!「内部統制とは?」
  • ●今さら聞けない!「ライセンス契約とは?」
  • ●今さら聞けない!「秘密保持契約とは?」
  • ●教えて、営業部長!秘密保持契約書のポイント
  • ●刑事責任が追及される会社と従業員の行動とは?
  • ●インターネット時代の商取引規制を学ぶ
  • ●企業の営業秘密管理法を学ぶ
  • ●企業を取り巻くリーガルリスクを学ぶ 初級編
  • ●企業取引規制の基礎を学ぶ
  • ●製造業におけるコンプライアンス
  • ●Advancedコンプライアンス
  • ●顧客データ管理法を学ぶ
  • ●プロバイダ責任制限法とは?
  • ●インターネット犯罪の対応を学ぶ
  • ●インサイダー取引とは何か
ビジネス法務入門編
  • ●教えて、営業部長!ビジネス法の基礎
  • ●契約・取引と法律の関係を学ぶ
  • ●ビジネス法入門
独占禁止法
  • ●カルテル・入札談合の具体事例を学ぶ
  • ●ケーススタディー不公正な取引方法とは?
  • ●Essential独占禁止法
  • ●Advanced独占禁止法
建設業法
  • ●建設業法とは?
下請法
  • ●教えて、営業部長!下請業者との取引
  • ●下請法の基礎知識を学ぶ
  • ●誰でもわかる正しい下請取引
  • ●下請法とは?
知的財産
  • ●著作権のイロハを学ぶ
  • ●標識・デザインに関する知的財産の実務を学ぶ
  • ●身近に潜む知的財産権の侵害を知る
  • ●意匠法とは?
  • ●商標法とは?
  • ●著作権法とは?
  • ●特許法とは?
  • ●不正競争防止法とは?
  • ●知的財産権とは何か?
債権回収・与信管理
  • ●教えて、営業部長!債権回収のポイント
  • ●債権回収の実務を学ぶ パート1
  • ●債権回収の実務を学ぶ パート2
  • ●債権管理と回収の基礎を学ぶ パート1
  • ●債権管理と回収の基礎を学ぶ パート2
  • ●入門 倒産法
  • ●Essential債権回収と法律
  • ●Advanced債権回収と法律
国際法務・取引
  • ●基礎からわかる 国際法務パート1
  • ●基礎からわかる 国際法務パート2
  • ●基礎からわかる 国際法務パート3
  • ●国際取引契約の作成と進め方
  • ●異文化コミュニケーションとは?
  • ●外国為替と国際取引の関係
  • ●基本用語50で読む英文契約書
  • ●国際法務入門
不動産法務
  • ●借地・借家トラブル解決の基礎知識を学ぶ
  • ●抵当権と競売の関係を知る
  • ●不動産担保権設定と管理の実務を学ぶ
金融法務
  • ●金融機関の窓口販売員に必要な法律知識とは?
  • ●入門 マネーロンダリング法
  • ●入門 金融商品販売法
  • ●入門 出資法
  • ●金融法務とは?
  • ●入門 金融商品取引法
契約法務
  • ●営業担当者のための請負契約書作成術
  • ●営業担当者のための典型契約契約書の作成術
  • ●営業担当者のための売買契約書作成術
  • ●営業担当者のための非典型契約契約書の作成術
経営管理職のための法務
  • ●株主代表訴訟と取締役・監査役の責務
  • ●監査役と監査役会の基礎知識 公開会社編
  • ●監査役と監査役会の基礎知識 非公開会社編
  • ●監査役の果たすべき責務とは?
  • ●ケーススタディー取締役の責務とは?
  • ●執行役の果たすべき責務とは?
  • ●社外取締役の果たすべき責務とは?
  • ●取締役の果たすべき責務とは?
会社法
  • ●会社設立の手続と方法を知る
  • ●会社法に基づく機関設計のイロハとは?
  • ●株主総会の基礎知識 非公開会社編
  • ●株主総会運営者のための基礎知識を学ぶ
  • ●役員・新株・定款の基礎知識を学ぶ
  • ●Essential会社法
  • ●Advanced会社法
  • ●知っておきたい株式公開の実務
環境法
  • ●Essential環境法
  • ●Advanced環境法
景表法
  • ●何が不当表示に当たるのか?
  • ●不当景品類・不当表示防止法とは?
  • ●入門 不当景品類・不当表示防止法(景品表示法)
個人情報保護法
  • ●営業担当者のための個人情報保護法入門
  • ●わかりやすい個人情報保護法入門
製品安全・表示
  • ●Essential製造物責任法
  • ●Advanced製造物責任法
  • ●入門 食品安全基本法
手形・小切手法
  • ●手形法・小切手法とは?

LECのeラーニングは充実の300講座!

ご登録いただくと、全ての講座の詳細をご案内する資料(デジタルパンフレット)のダウンロードや、全てのeラーニング講座のサンプルが、無料でご利用いただけます!

PAGE TOP