法人総合TOP > 学校法人の皆様へ > 学内講座 > ビジネス実務系資格

学内講座 ビジネス実務系資格

講座一覧
LECでは表記以外にも、就職やキャリアアップにつながる多岐多様な資格をご用意しております。販売・小売系就職に最適な販売士をはじめ、最近では就職対策として人気の秘書検定、ITスキルを培うITパスポート、海外や貿易関連業務に役立つTOEIC®や通関士などそのほかにもラインナップされております。

秘書検定

秘書業務から事務スキルまで
「文部省認定 秘書技能検定」は、秘書の職務について理解し、秘書の業務に関しての知識や技能を発揮できるかを計る公的な資格です。秘書に限らず、仕事上の効率化を手助けする技能試験として行われています。秘書を目指す方はもちろん、事務スキルを網羅的にマスターすることが可能です。
社会人になるために有効な資格
秘書として働くために、必ずこの資格がなければいけないというものではありません。社会人としてのマナー、私生活の豊かな人間関係作り、正しい日本語、敬語の使い方など、大人としての様々なセンスを身につけることができます。社会人として出発する際に有効な資格です。
実施例のご紹介

販売士検定

流通業で唯一の公的資格
小売・流通業界は、販売技術で物を売るということだけでなく、買う側の消費傾向やその変化を読み取らなければいけません。販売士は小売・流通業の即戦力として必要な知識・能力を学ぶことができる業界唯一の公的資格です。
製造業、サービス業、卸売業などでも活躍
資格取得の学習から得られた知識は、百貨店・専門店・コンビニエンスストアなど様々な小売業に応用できます。また、取引先について理解を深め業務に反映したいという製造・卸売業界でも、販売士の資格取得を目指す方が増えています。受験を奨励している企業も多くあり、スキルアップ・キャリアアップには欠かせない資格です。

TOEIC®TEST

英語力を証明するグローバルスタンダード
TOEIC®とはTest of English for International Communicationの略称で、英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共通のテストです。世界約90ヶ国で実施されており、問題は背景知識がなくても解答できるように作成されているため、純粋に英語力を試すことができます。また、TOEIC®テストは、合否ではなく10点から990点までのスコアで評価されるので、現在の英語能力を正確に把握でき、さらに上のスコアを目標にして学習することができます。
様々な場面で活用されるTOEIC®
経済のボーダレス化やIT化が進み、企業活動のグローバル化が一気に加速したことにより、目標スコアを設定して英語研修を行ったり、人員採用や海外部門要員の選定、昇進・昇格の要件として活用したりなど、TOEIC®を採用する企業は急増しています。現在、日本では個人による受験に加え、約2,700の企業・団体・学校が採用し、年間約163万5,000人が受験しています。

ITパスポート

国が証明するIT力
ITパスポート試験とは、独立行政法人情報処理推進機構が主催する国家試験です。
職業人が共通に備えておきたいITに関する基礎知識を測り、きちんと活用できる人材を育てていくことを目的とした試験です。合格すると、企業等の活動にとって欠かせない経営全般・IT管理・IT技術について幅広い基礎知識を持っていることを、国が証明します。
現代の社会人に必須の能力
ITは生活の隅々まで浸透しており、ビジネス社会においても、IT活用は当たり前になっています。ITパスポート試験合格を目指すことによって、IT活用の基本から企業情報漏洩対策まで、幅広い知識が身につきます。
実施例のご紹介

通関士

通関士は貿易実務に関する資格の中で、唯一の国家資格
日本の輸出入貨物は、原則として財務省が管轄する税関に申告書を提出し、輸出入の許可を受けなければなりません。この許可が得られなければ日本から貨物を輸出することもできませんし、日本へ輸入することもできません。通関士は輸出入者に代わって、申告・検査・関税納付・許可といった通関手続を行う貿易のエキスパートです。
グローバルビジネスに必要不可欠な要素
グローバル化が進み、各企業は世界中を相手に国際的なビジネスを展開しています。急速に発展する貿易業界において通関士の資格は重要であり、今、注目が集まっている資格のひとつです。
物流拠点となる通関業者や商社等で重視されている他、運送会社・倉庫会社・航空代理店・港湾会社などにも活躍の場があります。

貸金業務取扱主任者

貸金業務の適正なアドバイザー
貸金業務取扱主任者は、貸金業に関する法令の規定を遵守して、貸金業の業務を適正に実施するために必要なものを行わせるための助言又は指導を行う国家資格者です。
消費者金融業にとって不可欠な存在
貸金業者が登録をするには、事務所ごとの従事者の50人に1人の割合での設置が義務付けられています。消費者金融(キャッシング)業にとって、貸金業務取扱主任者は不可欠な存在です。2009年の初回試験は、4回実施され、約82,000人が受験しており、人気も需要も高まっています。

その他

・危険物取扱者 ・パラリーガル ・キャリアコンサルタント ・ビジネス実務マナー
・ビジネス文書検定 ・ビジネス電話検定 ・サービス接遇検定 ・ビジネス著作権検定
・ビジネス実務法務検定試験® ・ビジネス会計検定試験® ・知的財産管理技能検定 ・色彩検定
・カラーコーディネーター ・手話検定    

学内講座一覧へ

導入の流れ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは 03-5913-6331

  • 高校生向け就職ガイダンスは03-5916-6085
  • 札幌:011-210-5028
  • 名古屋:052-586-5890
  • 大阪:06-6374-5021
  • 福岡:092-715-4383

受付時間 平日9:00〜18:00

専門学校への通信制・単位制導入
支援は東京: 03-5913-6331
お問合せください。

資料請求

メルマガ会員登録

実施例

導入の流れ

ページ先頭へ

お電話でのお問い合わせは - 東京:03-5913-6331 札幌:011-210-5028 名古屋:052-586-5890 大阪:06-6374-5918 福岡:092-715-4383

※専門学校への通信制・単位制導入支援は 東京:03-5913-6331 へお問合せください。