労務管理基礎研修

研修の概要

労務管理とは何か、労務管理の目的は何かといった基本的な考え方を理解した上で、入社から退職までの流れに沿って、雇用管理に関わる法律について学習していきます。
テーマにあわせて身近な事例を取り入れ分かりやすく説明します。

研修の効果

  • 労務管理とは何か、労務管理がなぜ必要なのかといった基礎的な知識が身に付きます。
  • 就業に関わるいろいろな場面で、雇用管理に関わるトラブル等が生じた場合に、部下に対して適切な対応ができるようになります。

対象者

管理職社員

所要時間

7時間(一般的な研修時間の目安となります。)

研修の必要性

  • 労務管理と経営戦略は一体のものだといえます。何のために労務管理なのかを理解することで、経営者の視点を持つことが可能になります。
  • 長時間労働に伴ううつ病など、就労環境が問題となる昨今、労働法規に関する知識を身に付け、適切な労働条件の下で部下を管理することができるようになります。
  • 就業に伴うトラブルが発生した場合、法的な責任を問われる場合も考えられます。現在では、一般社員でも基礎的な法律知識はインターネットなどで簡単に手に入れられます。管理職のうかつな一言が違法なものであった場合、部下から指摘され、取り返しのつかないことになるかもしれません。そのようなことにならないためにも正しい法律知識は必須となります。

カリキュラム

カリキュラム 時間
①労務管理に必要な法律
1.労務管理とは
2.労働条件の基本となる労働法
3.社会保険に関する法律
4.労働者の特性に配慮した法律
②採用に関わる法律
1.募集・採用
③就業に関わる法律
1.労働時間
2.賃金
3.年次有給休暇
4.振替休と代休
5.就業規則
3時間
④人事異動に関わる法律
1.配転・転勤
2.出向
⑤退職に関わる法律
1.退職
2.解雇
⑥法定福利厚生に関わる法律
1.健康保険
2.厚生年金
3.労働者災害補償保険
4.雇用保険
⑦安全衛生に関わる法律
1.安全衛生管理
2.健康診断
3時間30分
確認テスト 20〜30分程度

PAGE TOP