トップページ > 研修プログラム > コンプライアンス・法務系 > 電機メーカー向け消費者法研修

電機メーカー向け消費者法研修

研修の概要

消費者法とは、消費者問題に関係し消費者保護を目的とする法制度を意味します。
この研修では、まず消費者事故が企業活動に与える影響を十分に認識していただきます。その上で、業種を問わず必要とされる法律について検討し、さらに、特に電機メーカーに課せられる消費者保護を図る法制度について学習します。

研修の効果
・消費者法の基礎知識を習得することで、消費者事故の防止に役立てることができる。
・電機メーカーに課せられる法制度を学習することで、電機メーカーとしての消費者対策を講ずることができる。
・取引段階に応じた規制内容を学習することで、受講生が実際に担当する業務と関係する規制を具体的に意識することができる。
対象者
一般社員
所要時間
7時間30分(一般的な研修時間の目安となります。)

研修の必要性

相次ぐ製品事故の発生により、企業に対する消費者の目線が厳しくなってきています。このような環境の中、消費者庁が設置され、消費者保護法制がさらに強化されました。特に、電気製品は、長期間使用するものが多く、経年劣化により火災等の重大事故が発生する場合があるため、電気製品については、独自の保護法制がしかれています。
このような状況の中、企業としても、消費者事故の防止や万が一事故が発生した場合の影響を極小化するための準備をする必要があります。
そのためにも、消費者事故が企業に与える影響を十分に認識した上で、電機メーカーに課せられる消費者保護を図る法制度について十分に理解することは必須だといえるでしょう。

■カリキュラム
カリキュラム 時間
T.消費者事故とコンプライアンス
 1.消費者事故のインパクト
 2.消費者問題とコンプライアンス
 コンプライアンスとは/経営リスクとコンプライアンス
 消費者問題とコンプライアンス
1時間
U.消費者問題に関する法律
 1.法律の基礎概念
 2.消費者法の理念
 3.商品の表示に関する法律
 4.商品取引に関する法律
 5.商品の安全性に関する法律
3時間
V.電機メーカーと消費者問題
 1.電機メーカーと表示規制
 家庭用品品質表示法   表示内容・方法/適正な表示のための制度
 消費生活用製品安全法  表示内容・方法/適正な表示のための制度
 電気用品安全法      PSEマーク制度/長期使用製品安全表示制度
 省エネ法
 資源有効利用促進法
 2.電機メーカーと取引規制
 消費者契約法
 特定商取引法
 割賦販売法
 3.電機メーカーと安全規制
 消費生活用製品安全法  規制対象となる製品/製造業者等の責務
 電気用品安全法       規制対象となる製品
3時間
確認テスト 20〜30分程度
  • お問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
  • 資料請求

お電話でのお問い合わせは  東京:03-5913-6047大阪:06-6374-5018名古屋:052-586-5012 /平日(月〜金)9:00〜18:00