トップページ > 研修プログラム > コンプライアンス・法務系 > 製造物責任法(PL法)研修

製造物責任法(PL法)研修

研修の概要

製造物責任(PL法)とは何か、製造物責任の全体像や目的などの基礎知識を理解したうえで、「製造物」の意義、「欠陥」の意義、製造物責任を負う「製造業者等」の意義、製造物責任の内容などについて学習します。
講座テーマに沿ったケーススタディを交えながら、分かりやすく説明していきます。

研修の効果
・製造物責任法に関する基礎知識が習得できます。
・具体的なケーススタディにより、日常の行動に置換えて考えることが可能になります。
対象者
一般社員
所要時間
3時間30分(一般的な研修時間の目安となります。)

研修の必要性

ひとたびPL事故が起きれば、損害賠償責任など莫大な損失を被ります。
場合によっては、倒産に至ってしまう可能性さえあります。
何よりも大切なのはPL事故を起こさないことですが、製造物責任法を理解していれば、仮に問題が発生したときにも、適切に対処することが可能になります。

■カリキュラム
カリキュラム 時間
1.製造物責任法(PL法)とは
2.製造物責任の全体像
3.目的
4.製造物の定義・範囲
5.欠陥概念
6.製造業者等の意義
7.製造物責任
8.免責事由
9.期間の期限
10.民法の適用
3時間
確認テスト 20〜30分程度
  • お問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
  • 資料請求

お電話でのお問い合わせは  東京:03-5913-6047大阪:06-6374-5018名古屋:052-586-5012 /平日(月〜金)9:00〜18:00