トップページ > 研修プログラム > コンプライアンス・法務系 > 消費者契約法研修

消費者契約法研修

研修の概要

数ある消費者保護関連法のうち、消費者契約法に的を絞って学習します。
具体的には、消費者契約法の目的や適用範囲を明確にした上で、契約の取消が可能となる場合について学習します。
また、どのような場合に契約条項が無効となるのか、更に、消費者契約法と他の諸法とはどのように関連しているのかについて学習していきます。
講座の流れに沿って、ケーススタディを行います。

研修の効果
・消費者契約法の基礎知識が得られます。
・契約が取り消される場合や無効となる場合を理解して行動することができます。
・ケーススタディを交えた講義により、身近な業務に置換えて理解することができます。
対象者
一般社員・管理職社員 
所要時間
4時間30分(一般的な研修時間の目安となります。)

研修の必要性

消費者意識の高まりを受け、また、近年の消費者被害の拡大に対処するため、消費者保護の視点による法律の整備が進んでいます。
消費者保護関連法の1つである消費者契約法は、消費者側からの契約の取り消しを容易にしたり、消費者に不利な契約条項を無効にするなどして、消費者を保護する法律です。事業者としては、せっかく契約締結にこぎつけても、後から取り消されたり無効とされてしまうと大きな損害を被ります。したがって、契約交渉過程や契約成立過程において、どのようなことをすると契約が取り消されるあるいは無効となるのか、消費者契約法の理解が必須のものとなります。

■カリキュラム
カリキュラム 時間
T.消費者契約法とは何か
 1.消費者契約法の目的
 2.消費者契約法の適用範囲
 3.事業者および消費者の努力
U.消費者契約法と取消権
 1.不実の告知
 2.断定的判断の提供
 3.不利益事実の不告知
 4.不退去と監禁
 5.その他の問題
V.契約条項の無効について
 1.事業者の損害賠償責任の制限
 2.消費者が支払う賠償額の予定
 3.消費者の利益を一方的に害する条項の無効
W.他の諸法との関連
 1.消費者契約法とその他の法律
 2.クーリングオフと取消権
4時間
確認テスト 20〜30分程度
  • お問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
  • 資料請求

お電話でのお問い合わせは  東京:03-5913-6047大阪:06-6374-5018名古屋:052-586-5012 /平日(月〜金)9:00〜18:00