トップページ > 研修プログラム > コンプライアンス・法務系 > コンプライアンス入門研修

コンプライアンス入門研修

研修の概要

最初にコンプライアンスの意義と、コンプライアンスが注目を集めることとなった背景を学びます。そして、コンプライアンス違反によって生じる経営リスクについて、実例をもとに学習します。
企業を取巻く環境、及び業務に関わる様々な角度から、コンプライアンスを学習していきます。
テーマにあわせて事例で理解を深めていきます。
【テーマ例】
株主・投資家との関係/取引先との関係/消費者との関係/情報管理・知的財産との関係/従業員との関係/環境との関係/公務員との関係

研修の効果
・コンプライアンスの意義や、その必要性、重要性についての基礎知識が得られます。
・社内外における業務やコミュニケーションの場面において、コンプライアンスを意識し、適切な対応ができるようになります。
対象者
新入社員その他コンプライアンス導入期における全従業員
所要時間
7時間(一般的な研修時間の目安となります。)

研修の必要性

たとえ一般社員であっても、企業としての視点、経営者としての視点でコンプライアンスを考えることが必要な時代です。
コンプライアンス違反が企業に与えるインパクトを理解していること、社会のコンプライアンスに対する意識の高まりを肌で感じられること、コンプライアンス問題を自分の問題として捉え考えられること、企業としての適切な対応を身に付けておくことは、企業人に必須の条件です。

■カリキュラム
カリキュラム 時間
1.コンプライアンスとは?30分
2.具体的ルールの確認(行動基準)
 ・法令等遵守
 ・株主・投資家との関係におけるコンプライアンス
 ・取引先との関係におけるコンプライアンス
 ・消費者との関係におけるコンプライアンス
 ・情報管理とコンプライアンス
 ・知的財産とコンプライアンス
 ・従業員との関係におけるコンプライアンス
 ・環境との関係におけるコンプライアンス
 ・公務員との関係におけるコンプライアンス
 ※各テーマの随所に、ケーススタディを盛り込みながらご説明いたします
5時間
3.コンプライアンス経営の実践1時間
確認テスト 20分程度
  • お問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
  • 資料請求

お電話でのお問い合わせは  東京:03-5913-6047大阪:06-6374-5018名古屋:052-586-5012 /平日(月〜金)9:00〜18:00